車高価売却の裏ワザを使って数十万円得する絶対に損しない売り方

高く売るために車の傷は修理した方が良い?

車を出来るだけ高く売りたい!と思っても、自分の車に傷が付いていた場合、多くの人傷があるから高く売れないよなあ・・・と考えます。

 

確かに、車を長年乗っていれば、大きい小さいはあるものの、傷なんて確実に付きます。特に細かい傷すら一切つかずに乗ることなんて不可能ですよね。

 

一切車を室内から出さずに眺めているだけの人なら別ですけど(笑)

 

じゃあ、実際のところは車の傷って車の値段にどれくらい影響するのか?

 

その事についてお話します。

 

 

 

 

車の傷やへこみを修理した方が良いケースはこれ!

修理

車を売る時に傷をどうした方が良いか?

 

というのは、皆さん悩むところだと思います。だいたいのサイトには傷を治すのは意味がないなどとかかれていますが、実は一概にそうともいえません。

 

車の傷を修理した方が良いケースも色々とあります。

 

 

【修理判断の基本】あなたの車とグレードや色や装備が(ほぼ)同じ車の販売価格の相場が100万円以上の場合は修理

車の傷や凹みで変動する金額は、車の値段に比例します。

 

車の価格が高ければ高いほど、傷やへこみで下がる金額が大きくなります。

 

100万以上する車を買う場合は、高い買い物ですから、出来るだけ綺麗な方が良いし、細かい傷も気になるものです。

 

新車を買えるくらいのお金を出すのなら、傷モノは買いたくないと考えるのが当たり前ですね。

 

そういった需要から、高額な車では修理費を上回る査定額が付く理由となるわけです。

 

 

逆に、20万とか30万の車の場合は、大きな傷ではない限りそこまで気にしない場合が多いです。

 

安いし、仕方ないなって感じですね。

 

 

また、この、本体価格が100万以上というところが修理するかどうかの判断の基本となります。

 

つまり、それ以下の相場価格の場合は、修理代>査定額となりますから、修理をする意味一切なしですから注意してくださいね!

 

 

ここから先は全てこのことを踏まえたうえでの話となりますので、覚えておいてください。

 

 

【修理判断その2】傷やへこみの大きさが手のひら以上は修理

傷の大きさが手のひら以上の場合は、査定にかなり響いてきます。

 

それがあるだけで評価がガクッと落ちてしまうので、修理した方が査定額はプラスになります。

 

逆に言えば、それ以下の小さい傷とかは200万とか300万するぐらいの高級中古車以外は、評価に影響しないので修理する価値がないです。

 

 

【修理判断その3】傷やへこみの場所が一か所か二ヵ所

大きな傷やへこみが一か所か二ヵ所あるだけなら、その箇所さえ修理してしまえば車の評価はドーンと上がります。

 

ただ、車全体的に傷があるのならば、大きな傷だけ修理したところで全然評価は変わりませんからしないほうが良いです。

 

 

【修理判断その4】傷やへこみの場所は屋根(ルーフ)とバンパーではない

傷の場所は屋根(ルーフ)の場合は、修理をしないようにしましょう。

 

車の屋根(ルーフ)というのは、外装部分にあるのに、実は車の骨格部分という判断がされます。

 

車の骨格部分を修理すると修復歴があるとなり、いわゆる事故車扱いとなってしまうので、屋根(ルーフ)は絶対に修理しないようにしましょう。

 

バンパーは前と後ろがあるんですが、両方とも消耗品つまり、ぶつけてもしかたのない部分という認識をされているパーツです。

 

ですから、他に傷が一切なく、バンパーだけ20cm以上の深い傷があるとかなら修理する価値はありますが、それ以下の小さい傷とかならほっといても評価に影響はありません。

 

 

【修理判断その5】傷やへこみは表面上だけで、骨格部分までは達していない
先ほども少し述べましたが、骨格部分を修理すると修復歴あり(事故車)という判断になります。

 

つまり、評価がドーンと下がります。

 

しかも、骨格の修理というのは高額になりますから、その高い修理費を上回るプラス査定となることなんて絶対にあり得ませんし、そもそも修復歴あり(事故車)扱いの査定となりますから高値になる訳がないですね。

 

軽くぶつけただけなのに骨格まで傷が達していると言われた場合は、もう当たり所が悪い(運が悪い)と思って素直にあきらめましょう。

 

 

車の傷やへこみについての修理するべきかどうかの判断は以上のようになります。

 

【修理判断まとめ】

 

100万円を超える高い価値のある車で大きな傷が1、2ヵ所しかなくその場所がバンパーや屋根以外でその傷が表面上のものだけ

 

という場合は、修理費<査定額となる可能性が非常に高いです。

 

ただ、本当に修理費を上回る査定が出るか不安という場合であれば、他のサイトでも推奨されている通り修理をせずにそのまま売却しても良いと思います。何十万円という差が出るわけではないですし。


関連ページ

ディーラーでの下取りのメリットデメリット
車を高く売るためには知識が必要です。知識がない人は安く買い叩かれて大きな損失を気付かないうちにこうむっています。車高価売却の裏ワザを使って数十万円得する絶対に損しない売り方をあなただけに伝授します。
車買取業者での売却とは
車を高く売るためには知識が必要です。知識がない人は安く買い叩かれて大きな損失を気付かないうちにこうむっています。車高価売却の裏ワザを使って数十万円得する絶対に損しない売り方をあなただけに伝授します。
リスク大!車の個人売買について
車を高く売るためには知識が必要です。知識がない人は安く買い叩かれて大きな損失を気付かないうちにこうむっています。車高価売却の裏ワザを使って数十万円得する絶対に損しない売り方をあなただけに伝授します。
カーオークション出品代行とは
車を高く売るためには知識が必要です。知識がない人は安く買い叩かれて大きな損失を気付かないうちにこうむっています。車高価売却の裏ワザを使って数十万円得する絶対に損しない売り方をあなただけに伝授します。
車一括査定サービスのデメリットとは
車を高く売るためには知識が必要です。知識がない人は安く買い叩かれて大きな損失を気付かないうちにこうむっています。車高価売却の裏ワザを使って数十万円得する絶対に損しない売り方をあなただけに伝授します。
出張査定は天気によって査定額が変わる!?
車を高く売るためには知識が必要です。知識がない人は安く買い叩かれて大きな損失を気付かないうちにこうむっています。車高価売却の裏ワザを使って数十万円得する絶対に損しない売り方をあなただけに伝授します。