車高価売却の裏ワザを使って数十万円得する絶対に損しない売り方

車種によって売る時に高い安いがあるって本当?

駐車場

車には色々な車種があります。

 

 

セダン・ワゴン・ミニバン・コンパクトカーなどなど需要に合わせて色々な形やサイズが販売されています。

 

 

新車で購入するときには、新車の販売価格があって、それぞれの車で値段は違い、高級車や大衆向けといった違いで値段は変わりますが、車種というくくりで値段が変わったりすることは基本としてはありません。

 

 

ですが、この車種による違いは、車を売る時には大きな差となって明らかな違いが生まれてくるのです。

 

 

そこで、今回は車種による値段の違いについて、大まかなくくりではありますが、ご紹介します。


車種による買取価格評価ランキング

ノーマル仕様での平均的評価

 

それぞれの車種ごとに人気車が存在するため、評価が低い車種でも高い車は存在

 

☆1〜☆4で評価、星が多いほど平均的に高額な車種

 

車種名 評価 代表的な車 備考
セダン クラウン、プレミオ、SAI、グレイス、マークX、レジェンドなど 不人気、一部VIPカーとして人気
ミニバン セレナ、アルファード、ステップワゴン、ノア、ヴェルファイア、ヴォクシー、シエンタ、フリードなど 国内需要高
コンパクトカー  アクア、プリウス、ヴィッツ、フィット、スイフト、パッソ、デミオなど 近年は軽に押され気味
SUV ヴェゼル、ハリアー、エクストレイル、フォレスターなど 近年人気急上昇、国内・海外ともに高需要
RV ランクル、パジェロ、サファリ、ビッグホーンなど 海外需要激高(RVとしての発売は近年無し)
ワンボックス(箱型) ハイエース、キャラバン、ボンゴなど 海外需要高、国内も商用需要が高い
ステーションワゴン カローラフィールダー、アテンザ、レヴォーグ、ウィングロードなど 一昔前の人気車種

クーペ

スカイラインGT-R、フェアレディZ、86、CR-Z、BRZ、A5など 所謂スポーツカー

オープンカー

ロードスター、MR-S、S2000など セカンドカーとしての需要

 

基本的に、海外需要が高いものと国内需要が高いものに分かれます。

 

国内需要がメインのものは、新しい(新型、年数が少ない)、綺麗(傷が無い、臭いや汚れも無し)、走行距離が短いの3拍子揃っていないとなかなか高額にはつながりません。

 

海外需要が高いものの特徴としては、車高が高い(未舗装道路が多い為)、大人数が乗れる、荷物が運べる(トラック)といったものがあります。

 

これらに該当している車種は10万キロを超えた過走行車や外装がボコボコでもしっかりとした値段で売れるので、頑張って高額で買い取ってくれる業者を探しましょう!

車を絶対に損せず高く売る方法とは?

関連ページ

ディーラーでの下取りのメリットデメリット
車に関する嘘はダメ!絶対!「申告義務違反」と「瑕疵担保責任」
車買取業者での売却とはそのメリットデメリットについて
リスク大!車の個人売買について、そのメリットとデメリットとは?
カーオークション出品代行とは?メリットとデメリットは?
知っておこう!一括査定サービスのメリット・デメリットとは?
高く売るために車の傷やへこみは修理した方が良い?
出張査定は天気によって査定額が変わる!?
【超重要】知らないと大損!車を売ってはいけない時期とは?
車を売るのに必要なものとは?
車高く売るためにはいつ手放すかを明確にしておくことが重要
【必見】一括査定で談合を防ぐ方法とは?
注意!車を売った時に戻ってくる各種税金とは?
査定する前の洗車は本当に必要?金額が変わる?
買取業者がやたらと早く売ることを勧める本当の理由
車の色によって売る時の値段は変わる?
車を売るつもりなら愛車の仕様変更には注意が必要
車を売るよりも廃車にした方が良いかどうかの判断方法
評価のつくパーツつかないパーツ一覧
ローンがある車の売却は可能?
あなたは大丈夫?売買契約後に減額や返却されるケースとは?
内装の汚れによる査定額の違いについて
走行距離による減額についてこれだけは知っておこう!
車を高く売るための基本・やり方