車高価売却の裏ワザを使って数十万円得する絶対に損しない売り方

あなたは大丈夫?売買契約後の減額・返却について

悩み

車を売却する契約をして、入金を待っている時に買取店側から連絡が入り、「〜の問題があったので減額(or返却)させてほしい」このように言われた場合、あなたはどうしますか?

 

 

素直に減額に応じる人

 

納得がいかなくてもめる人

 

納得はいかないけど泣く泣く減額に応じる人

 

 

色々な人がいると思います。

 

 

ただ、車を売る場合は金額が大きいだけに、「もしかしてこの減額請求って嘘をつかれているんじゃないか?」と疑いの目で見てしまうことも多いのではないでしょうか?

 

 

そこで今回は、売買契約後に減額や返却が入るケースについてお教えします。


車の問題で減額・返却が入る場合とは

車の売買契約後に減額や返却を申し込まれるというのは、色々なケースがあります。

 

 

ただ、一つ前提としてあるのが、車を売る側には申告義務や瑕疵担保責任があるということです。

 

 

上のページで詳しく説明はしていますが、簡単にいうと「事故歴や修理歴や重大な問題を隠してはいけません」といったものです。

 

 

つまり、売買契約後に減額や返却の要求があった時に、申告義務や瑕疵担保責任に当たるようなことをしていた場合は、それは当然の事なので、大人しく相手の要求に従う必要があります。

 

 

このページをご覧の方は、車を売る前の人が多いと思いますので、申告義務や瑕疵担保責任はしっかりと守ってくださいね。

 

 

では、それを踏まえたうえで、減額・返却が入るケースを見ていきましょう。

 

 

売買契約後の減額・返却項目

 

1、内装や外装の傷やへこみ

内装や外装の傷や凹みというものは、基本的には減額の対象などにはなりません。

 

ただ、「売買契約後に引き渡す前の期間に乗車していてぶつけた」といったような場合は減額となります。

 

それ以外で、査定時に気付かなかったのに、その後見つけたから減額するといった要求は完全に相手のミスですから応じる必要はありません。

 

ですが、先ほども言いましたが、査定時に「どこかぶつけたこととかありますか?」と聞かれているにもかかわらず「ありません」と嘘をついていたような場合は申告義務と瑕疵担保責任違反となりますから、減額されることになります。

 

 

2、エンジンやミッションなどの重要機関の問題

重要機関とは、「走る・止まる・曲がる」といった車の基本動作に関わる機関のことをいいます。

 

中でもエンジンやミッション、パワステや足回りなどで問題があるケースが多く、これらは走っている時に異常がわかる(発生する)ことが多いです。

 

ですが、査定時には実際に走ってチェックしたりすることがありませんから、こういう問題が後に発覚した場合は、減額の対象となります。

 

こういうケースはもろに申告義務・瑕疵担保責任にあたりますから、自分が把握している問題は、査定時にしっかりと伝えるようにしてくださいね。

 

 

3、その他機関やパーツ類

パワーウィンドウ、ヘッドライト、電動格納のサイドミラー、室内灯、パワーシートなどのことをいいます。

 

これらは、基本的には減額の対象とはなりません。

 

査定時に全てをチェックすることは難しいですが、隠れている部分ではないですから問題が後から発覚しても瑕疵担保責任には当たらないものです。

 

ただ、ナビとサンルーフだけは違います。

 

ナビとサンルーフは、査定に及ぼす影響が大きい為、問題が発覚した場合は減額請求が入る可能性が高いです。(特に高額な車両)

 

 

4、修復歴(事故歴)

この問題が一番皆さんが気になるところではないでしょうか?

 

実は、修復歴による減額請求は会社によります

 

修復歴のチェック漏れを社員のミスとしているところは減額などはありませんが、会社によっては必ず減額請求をするところもあります。

 

基本的に査定時には必ず確認が入りますし、申告義務・瑕疵担保責任に当てはまる問題ですから、くれぐれも嘘はつかないようにしてくださいね。

 

 

5、冠水歴・災害歴

冠水歴、災害歴(火災、消火剤散布、雹害、塩害)

 

これらの問題があった場合は、ほぼ確実に減額か返却がされます。

 

これも申告義務・瑕疵担保責任に当てはまる問題です。

 

嘘がばれた場合は数年たっていても返金請求が来ます。

 

しかも、売った額+偽証で被った被害額+費用といった内容で請求がきますから絶対に嘘はつかないようにしましょう。

 

 

6、メーターの交換・改ざん

普通に乗っていたらあまりしないことですが、メーターの交換や改ざんもほぼ確実に減額か返却請求が入ります。

 

発覚した際の買取店側の損失が大きい(請求額が多い)ですし、申告義務・瑕疵担保責任違反にあたりますから、正直に伝えましょう。

 

 

7、その他の問題(ニコイチ、盗難車など)

これらの問題は減額では無く全て返却となります。

 

盗難車は当たり前ですね(盗難車を売ろうと思っている人がここを見ているとは思いませんが・・・。)

 

ニコイチなんかは、自分からいう人なんかはまずいませんが、中古車を買ったときに掴まされているという悲惨なケースもたまにあります。

 

 

 

以上が車の問題で減額・返却請求が入る項目です。

 

 

ご覧頂いた方は分かると思いますが、申告義務・瑕疵担保責任違反に当たるものが非常に多いです。

 

ですから、ここを読んだあなたはとりあえず嘘だけはつかないようにしてくださいね。

車を絶対に損せず高く売る方法とは?

関連ページ

ディーラーでの下取りのメリットデメリット
車に関する嘘はダメ!絶対!「申告義務違反」と「瑕疵担保責任」
車買取業者での売却とはそのメリットデメリットについて
リスク大!車の個人売買について、そのメリットとデメリットとは?
カーオークション出品代行とは?メリットとデメリットは?
知っておこう!一括査定サービスのメリット・デメリットとは?
高く売るために車の傷やへこみは修理した方が良い?
出張査定は天気によって査定額が変わる!?
【超重要】知らないと大損!車を売ってはいけない時期とは?
車を売るのに必要なものとは?
車高く売るためにはいつ手放すかを明確にしておくことが重要
【必見】一括査定で談合を防ぐ方法とは?
注意!車を売った時に戻ってくる各種税金とは?
査定する前の洗車は本当に必要?金額が変わる?
買取業者がやたらと早く売ることを勧める本当の理由
車の色によって売る時の値段は変わる?
車を売るつもりなら愛車の仕様変更には注意が必要
車を売るよりも廃車にした方が良いかどうかの判断方法
評価のつくパーツつかないパーツ一覧
ローンがある車の売却は可能?
内装の汚れによる査定額の違いについて
車種によって高い安いがあるって本当?
走行距離による減額についてこれだけは知っておこう!
車を高く売るための基本・やり方