車高価売却の裏ワザを使って数十万円得する絶対に損しない売り方

車を売るよりも廃車にした方が良いかどうかの判断方法

事故

車を売りたいけど、自分の愛車は10年以上乗っていて年式も古いし、走行距離も10万キロを超えているから買取で値段が付くか廃車になるかわからない。

 

 

こういう風な悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

 

 

こういった場合、どこかで査定してもらうのが一番手っ取り早いのですが、それだと時間も手間もかかってしまいますよね。

 

 

そのうえ、それで出た結果が、思っていたよりも高い金額で売れたら大成功ですが、やっぱり値段が付かなくて廃車だった場合。

 

 

「こんなに手間がかかったのに結局廃車か・・・。」と冷静に考えるとかなりの損をしている自分に気付いてしまいます。

 

 

出来ればそんなことは避けたいですよね。

 

 

そこで、今回は廃車にするべきかどうかの判断についてお教えします。

 

 


古いから走行距離が多ければ廃車になるわけではない

知識の無い方は、勘違いしがちなのですが、車の価値は古いからとか走行距離が長いからという理由で決まる訳ではありません。

 

 

中には10年以上前の車で、走行距離が20万キロを超えていてもちゃんと値段が付く車もあります。

 

 

なぜ、そんな車でも値段が付くのかというと、その理由は

 

 

海外の需要があるから

 

 

日本人は見向きもしない、古くて過走行でボディがボコボコの車でも、外国人の方からすると普通に価値がある場合があります。

 

 

もし、そういった車に乗っていた場合は、売る時に数十万の値段が付いて買い取って貰える可能性ありです。

 

 

ただ、そのような海外需要がある車であることを認識していないと、売りに行っても買い取れない、廃車しかないと言われて、騙されてしまいます。

 

 

では、どうすればよいのか?

 

 

次はそれを防ぐための判断基準をお教えします!

廃車か価値があるかをかんたんに調べる方法

自分の愛車が廃車にするしかないのか、それともまだまだ価値のある車なのか?

 

 

それを調べる簡単な方法はこれです!

 

自分の車と同じ条件の車が20万円以上でうられているかどうかを調べる

 

この時、調べる方法はなんでもイイのですが、カーセンサーやgooなどで調べるのが一番手っ取り早いです。

 

 

そして、なぜ20万円なのかというと、

 

 

中古車販売店の利益や諸経費を考えると20万円以下の場合は廃車にした方がお金になるからです。

 

 

20万で売っているということは、買取金額は5万円とかじゃないの?と、考えがちですが、

 

 

実際のところは20万円以下の販売車の買取金額は良くて1万円、ほとんどは0円での引き取り車なのです。

 

 

それって、ぼったくりの買い叩きなんじゃないか?と思いますよね。

 

 

でも、車を販売する側にも事情があるのです。

 

 

20万円以下での販売となるような車は、当然どこかに問題がある車ですから、販売した後に何か問題が起こる可能性というのも高くなります。

 

 

そうなると、やはり信用問題にもかかわってきますから、数万円程度の利益でそんな危ない橋を渡る訳には行かないというのが買取店側の本音です。

 

 

まあ、これは買取店がわの都合なので、車を売る方には関係ないのですが、買取額には関わってきます。

 

 

つまり、売る方からすると、いくら頑張っても、0円とか1万円程度の値段しかつかないなら、廃車にした方が手元に入るお金は大きくなります。

 

 

これが、20万円以下なら廃車にした方が良いという理由です。

 

 

 

もし、調べた結果、あなたの車が50万とかで売られているのでしたら、それは海外需要などに当てはまっている可能性もあります。

 

 

もしそうなら、それをしっかりと踏まえた上で交渉をして、高く買い取ってくれるお店を探しましょう。

 

 

その時は、多くの買取業者の中から、探し出す必要がありますから、やはり一括査定がお勧めです。

 

 

当サイトの裏技を駆使して、一括査定を極限まで有効利用して愛車を高く売ることにチャレンジしてみてください。