車高価売却の裏ワザを使って数十万円得する絶対に損しない売り方

車の色によって売る時の値段は変わる?

駐車場

車を売る時に、実際に自分の車がいくらで売られているかを調べようと思って、カーセンサーやGooなどで愛車と同じ車を調べている方はおられるでしょうか?

 

 

確かに、それはとても良い方法です。

 

 

ただ、一つ気を付けないといけないことがあります。

 

 

それは、車の色によって、高い時で数十万円の違いが含まれているということです。

 

 

車はカラーによって売値が大きく変わってきます

 

 

そこで、カラーごとのざっくりとした評価を表にしてみました。

 

 

高評価 ◎ パール、ブラック
中評価 〇 ホワイト、その車のイメージカラ―
低評価 △ シルバー、グレー、メタル、ブルー、ワイン
最低評価 × レッド、グリーン、イエロー、その他マイナー色

 

 

人気色は、パールとブラックで、この2色は査定時にプラスとなります。

 

 

ちなみにパールはオプションカラーで別途料金がかかる場合が多くなっています。

 

 

 

次に人気なのが、ホワイトやその車のイメージカラーです。

 

 

ホワイトは最近では人気がかなり落ちてきているので、ワンランク下の評価になる車も増えてきていますが、パールがない車の場合はホワイトとブラックが2大人気色となります。

 

 

また、車によるイメージカラーなんですが、CMやパンフレットなどで使われているカラーは良い評価となることが多いです。

 

 

最近だと、マツダがやたらと押しているソウルレッドプレミアムメタリック(メタルワインレッド風)や、ヴェルファイアのバーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク(グレーがかったパープル)などのその車のイメージはこれ!とみんなが思う色は需要が高い為、評価は良くなります。

 

 

 

次に、シルバーやグレー、ブルーなどですが、可もなく不可もないといった色で、評価も同様に高くも低くもないといったところです。

 

 

シルバーやグレーなんかは年配の方が好む色合いのため、やはりカラー自体もそのようなイメージが付いてしまっているため、イマイチですね。

 

 

 

評価最低のレッドやグリーン、イエローなどの原色系やその他のマイナー色は、想像してもらうとわかるのですが、基本的にどの車でもイメージに合っていなかったり、需要が無いような色です。

 

 

ただ、原色系はスポーツカーでは人気の色となりますし、パステル系のカラーは、女性に人気のラパン(スズキ)など一部車種では良い評価となる場合もあります。

 

 

ポルシェやフェラーリなんかのイメージは目が覚めるような赤ですし、やっぱり目立ってなんぼのスポーツカーには原色系の需要があります。

 

 

 

結論として、どの車種でもパールと黒は鉄板で、買うならまずこの2色にしておけば、売る時に損はしません。

 

 

その他は、無難な色だとか、イメージに合っているかというところが値段の分かれ目になります。

 

 

全く売るつもりの無い人や、売る時の金額を気にしない人は自分の好きな色を選んでカーライフを満喫しましょう。