車高価売却の裏ワザを使って数十万円得する絶対に損しない売り方

査定する前の洗車は本当に必要?金額が変わる?

車

車を査定してもらう時に、車が汚いとイメージが悪い、査定額が下がるというのはよく言われていますよね。

 

 

でもこれって本当なんでしょうか?

 

 

車の傷は修理した方が良い場合と、そうじゃない場合がありました。

 

 

ということは、洗車の場合も、した方が良い場合と、しないほうが良い場合があるんじゃないか?

 

 

そう考えた方

 

 

 

正解です。

 

 

 

車の洗車も、した方が良い場合としないほうが良い場合があります。

 

 

というか、

 

 

ぶっちゃけ車の傷の時と同じです。

 

 

結論から言いますね。

 

 

傷がほとんどない、愛車に自信があるなら洗車をした方が良い

 

傷が全面にわたって無数にある、愛車に自信がないなら洗車をしないほうが良い

 

以上のようになっています。

 

 

 

なぜこのような結論になるかというと、

 

 

傷がほとんどないのならピカピカに磨き上げて、状態の良さをアピールした方が良い

 

 

その方がしっかりと評価をしてもらえてプラス査定となります。

 

 

ただ、ボディーに大小合わせて無数の傷が車全体についている場合、洗車をして車を磨きあげるとそれだけ傷がはっきりと分かってしまいます。

 

 

そうなると、もちろん全面に傷があるという判定のもと査定額が算出されますから、評価はしっかりと下がります。

 

 

ここまでは当たり前ですよね。

 

 

ただ、これが洗車をしなかった場合どうなるかというと、

 

 

元々がキレイな車だと、もしかして傷があるかもしれないという判断がされてしまって、洗車をしない時より評価は下がる可能性があります。

 

 

実際はキレイでも、汚い車を見ると心情的に評価をワンランク下げたくなってしまうのが人情です。

 

 

じゃあ、傷だらけの車の場合はどうなるかというと、

 

 

当然、全面傷だらけであるとの判断のもとに評価がされます。

 

 

ただ、細かい傷は隠れて目立ちにくくなります。

 

 

洗車の手間も省けるし、傷もわかりにくくなるしと一石二鳥なんですが、この時注意点が一つだけあります。

 

 

買取業者さんに対する対応は丁寧に!

 

 

「汚い車ですみません、どうしても時間が無くて洗車できなかったんです。」

 

 

など、一言お詫びをするだけでも印象は良くなりますから、ただでさえ悪い洗車してない車のイメージをさらに下げないように、しっかりと愛想を振りまいてくださいね。