車高価売却の裏ワザを使って数十万円得する絶対に損しない売り方

注意!車を売った時に戻ってくる各種税金とは?

money

 

車を使用するためには、毎年税金がかかるのは皆さんご存知だと思います。

 

この税金には

 

自動車税(軽自動車税・普通自動車税)

 

重量税

 

自賠責保険

 

上記の3つがあります。

 

 

ちなみに、自賠責は税金ではないのですが扱いが近い為一緒に紹介します。

 

 

自動車税は、毎年4月1日の時点で所有している人に支払い義務が生じるもので、送られてきた用紙で支払います。

 

毎年3月に車の売却が多いのは、支払い義務が発生するまでに車を乗り換えようとするからですね。

 

重量税と自賠責は、車検と連動しており、2年車検なら24か月分を車検時にまとめて支払うことが多いです。


知らないと損する還付金制度

これらの税金には還付金制度があり、それぞれ条件を満たした場合に手続きを行うことで、残りの月数に応じた税金が戻ってきます。

 

 

その条件とは

 

普通自動車税、自賠責⇒ナンバーを返納して登録抹消

 

重量税⇒永久抹消(廃車)

 

となっています。ただ、軽自動車税だけは別で

 

軽自動車税は還付金制度がないため、税金を支払ってすぐ廃車にしても一切税金は戻ってきません。

 

ちなみに、還付金が無いのは、軽自動車税が市町村管理なためです。(普通自動車は県管理)

 

 

基本的に、車を売る時には買い取る側はこれらの残り月数なども計算に入れた上で買取金額を出しています。

 

気になる人は査定などで買取金額を出された時に確認してみることをおすすめします。

 

知らないと損をする買取店の常套手段

 

さて、ここまで読んで勘の良い方は読んでいて気付いたと思うのですが、よく車を売りに行って、

 

 

「本当なら0円ですが、特別に1万円で買い取らせてもらいます。」

 

 

とか

 

 

「本当なら廃車手続きでお金がかかるけど、特別に無料で引き取ります」

 

 

などと言われたという話をよく耳にしますよね。

 

 

でも、経費別で1万手元に残るとか、廃車手続き費用がいらなかったとかって、還付金のことを考えるとおかしいですよね?

 

 

おかしいと気付いた方

 

 

 

正解です!

 

 

 

これらは買取店側がよく使う常套手段で、実際は税金を支払ってすぐだったり、車検が多く残っていたり、廃車にしても還付金が多く戻るタイミングだったりすると、買取店はウハウハです。

 

しかも、それに加えて廃車にした場合は、鉄やパーツの売却での儲けも加わりますから、総額にすると10万円近くの利益になったりすることもある訳です。

 

 

どうでしょう?

 

 

「古い車で価値が無いから、値段が付いただけでも御の字」なんて思う方は世の中に多くいらっしゃると思います。

 

 

私もこのことを知るまではそう思ってました。

 

 

ただ、知ってさえいれば、そこで騙されずに正しく買い取ってもらうことが出来ますよね。

 

 

本当に世の中は知識がないとカモにされることが多いです。

 

 

しっかりと知識を付けて、自分のお金は自分で守りましょう!