車高価売却の裏ワザを使って数十万円得する絶対に損しない売り方

車高く売るためにはいつ手放すかを明確にしておくことが重要

契約

車を売る時に、意外と知らないのが、車を手放すタイミングによって金額に影響がでるということです。

 

 

車を売る理由は、新車を購入するからの乗り換えや車がもう必要なくなったから売りたい、急にまとまったお金が必要になったから車を売る。など色々あると思いますが、車を手放すのがあまりにも先だと売却先によっては、客として見られず、まともに取り合ってもらえない可能性があります。

 

 

なぜかというと、車の相場は常に変動しているからです。

 

 

上記のページでは、相場の変動について述べていますが、1か月以上先になると、本当に相場がわからない為、値段が付けられないというのがあります。

 

 

ですから、「一か月先に車を手放す予定だけど、買い取って欲しい」といっても、業者側からすると、リスクが高すぎるため、じゃあ一か月後にまた来てくださいという対応になります。

 

 

ディーラーでの下取りは手放すのが先でも問題ない

ちなみに、例えこういったケースであっても、新車を購入してディーラーに下取りに出す場合などは、問題なく買いとってもらえます。

 

 

それどころか、新車が納車されるまで、現在の車を乗り続けても良いという条件なのがほとんどです。

 

 

そう考えると、新車を購入するときはディーラーでの下取りが良いように感じますよね。

 

 

確かに、ディーラーでの下取りは数ある車の売却方法の中でも、一番安全で手間が少ない方法です。

 

 

ただ、その分車の売却額はくっそ安いです。

 

 

となると、値段的に考えるとやはり車買取業者に売るという事が一番良いということになります。

 

 

手放すのが先でも車買取業者が対応してくれる日数とは?

では、車を手放す時期がいつなら車買取店はしっかりと対応してくれるのでしょうか?

 

車買取店での売却は、車を手放すのが1〜2週間以内のケースなら問題なし。

 

 

これくらい明確に手放す時期がわかっていていれば、買取業者はしっかりと対応してくれます。

 

 

ただ、注意点としては、手放すまでの日数が多いほど、買取額もその分下がります。

 

 

即日で渡すのと、2週間後に渡すのとの違いであれば、交渉次第で数万円上乗せをしてもらえたりは普通にありえます。

 

 

ですから、高く売ろうと思うのなら、あらかじめ自分で車を売った後でも問題が無いように、代車の手配や納車の時期を合わせるなどの方法が必要となります。

 

 

特に、載っている車が人気車種や高級車で高値で売れる場合は早く売ることで相当な金額が違ってくることもあります。

 

 

例えば、数ヶ月先に自分の乗っている車がフルモデルチェンジがあると分かっていて、それに合わせて新型に乗り換えようと考えているとしたら、大抵の場合は新型が納車されるまでそのまま乗り続けて、納車とともに下取りで引き取ってもらうケースが大半だと思います。

 

 

ただこの時、車の価値が高ければ、フルモデルチェンジの前と後では数十万円の売却額の差が出ることになります。

 

 

特にディーラーでの下取り額と一括査定などとの差額もプラスして考えると、下手をすると100万円近くの差額が出ることになるでしょう。

 

 

このことを知っていたとしたら、納車までの間の足さえ確保してしまえば、たとえ数ヶ月間の代車をレンタカーなどで借りたり、いっそのこと安い中古車を買ったとしても、十分すぎるほどの差額を手元に残すことができますよね。

 

 

このように、車を手放す時期というのは、しっかりと考えた上で計画することも、車を高く売るポイントです。