車高価売却の裏ワザを使って数十万円得する絶対に損しない売り方

車を売るのに必要なものとは?

契約

車を売る時には、色々な書類が必要となります。

 

中には書類を準備するとか聞いただけでめんどくさくて嫌という方もいると思います。

 

ですが、書類のいくつかは車に積んであるものだったりして、意外と自分で用意しないといけないものは少なかったりします。

 

ですから、いざという時に慌てなくて済むように、早めに用意しておきましょう。

 

 

ただ、普通自動車と軽自動車では用意する書類に違いがあるので注意が必要です。

 

 

そこで、ここではそれぞれ必要なものについてまとめておきます。


普通自動車を売るのに必要なもの

普通自動車は財産の扱いなので、売買には公的な書類が必要になります。

 

車は家や土地と同じ「財産」として扱われるので、実印や印鑑証明などが必要となります。

 

普通自動車を売る時に必要なもの
  1. 自動車検査証(車検証)
  2. 自動車税納税証明書
  3. 自賠責保険証
  4. 実印
  5. 印鑑登録証明書
  6. 自動車リサイクル券
  7. 委任状、譲渡証明書
  8. 住民票(現住所が登録住所と違う場合)

軽自動車を売る時に必要なもの

軽自動車は、テレビやパソコンなどと同じ扱いなので、実印や印鑑証明などが必要ありません。

 

車売却や下取りに必要な書類(軽自動車の場合)
  1. 自動車検査証(車検証)
  2. 軽自動車税納税証明書
  3. 自賠責保険証
  4. 認印
  5. 自動車リサイクル券

車を絶対に損せず高く売る方法とは?

関連ページ

ディーラーでの下取りのメリットデメリット
車に関する嘘はダメ!絶対!「申告義務違反」と「瑕疵担保責任」
車買取業者での売却とはそのメリットデメリットについて
リスク大!車の個人売買について、そのメリットとデメリットとは?
カーオークション出品代行とは?メリットとデメリットは?
知っておこう!一括査定サービスのメリット・デメリットとは?
高く売るために車の傷やへこみは修理した方が良い?
出張査定は天気によって査定額が変わる!?
【超重要】知らないと大損!車を売ってはいけない時期とは?
車高く売るためにはいつ手放すかを明確にしておくことが重要
【必見】一括査定で談合を防ぐ方法とは?
注意!車を売った時に戻ってくる各種税金とは?
査定する前の洗車は本当に必要?金額が変わる?
買取業者がやたらと早く売ることを勧める本当の理由
車の色によって売る時の値段は変わる?
車を売るつもりなら愛車の仕様変更には注意が必要
車を売るよりも廃車にした方が良いかどうかの判断方法
評価のつくパーツつかないパーツ一覧
ローンがある車の売却は可能?
あなたは大丈夫?売買契約後に減額や返却されるケースとは?
内装の汚れによる査定額の違いについて
車種によって高い安いがあるって本当?
走行距離による減額についてこれだけは知っておこう!
車を高く売るための基本・やり方