車高価売却の裏ワザを使って数十万円得する絶対に損しない売り方

【車高価買取の裏ワザB】高値を引きだす魔法の言葉「入金額」

お金

車の買取査定で用いられる金額提示には、査定額・見積額・買取金額・入金額などそれぞれ違いがあることはご存知でしょうか?

 

例えば、あなたが買取店や一括査定で、金額を聞いたとします。

 

 

金額は、わかりやすく100万円だったとしましょう。

 

 

では、それは一体何の金額なのでしょう?

 

 

査定額なのでしょうか?それとも、見積もり額なのか?はたまた、ほかの金額なのか?

 

 

こういわれると、実は提示される金額が何の金額なのかは、はっきりしていないというのがご理解いただけると思います。

 

 

なぜ、こんなにややこしい金額提示が何種類もあるのでしょうか?

 

 

それは、提示金額の種類を使い分けて、あなたから車を安くためです。

 

 

 

例えば、何も知らないで、初めて車を売る場合、査定をしてもらって提示された金額が納得のいくものだったとしたら、特に考えること無くその価格で売却を決めてしまうと思います。

 

 

金額は、先ほどと同じく100万円だったとしましょう。

 

 

想像していたよりも高く売れてラッキーとホクホクで100万円が手に入ると思っていたら

 

 

最後の最後に、>「あと、保証金や運搬費や書類の手続き費用など○○万円が必要となりますので、先ほどの金額から差し引きますね。」

 

 

などと言われ、「えっ?話が違う!」と思うものの、「皆そうなんですよ。」なんて言われてしまい何も言い返せずもやっとしたまま車を手放すこととなります。

 

 

一番高く見える金額を提示して、納得させておきながら、実際はそこからあれやこれやと金額を引いて出来る限り安く買いとる。

 

 

このようなことが、車を売る時にはごく当たり前に起こります。知らないことで、相手の術中にすっかりはまってしまうんですね。

 

 

では、惑わされない為には一体どうすればよいのでしょうか?

 

 

そのためには、まずそれぞれの提示金額の種類と意味をしっかりと把握する必要があります。

 

 

 

1、査定額

査定額とは、一番ざっくりとした金額です。

 

「あなたの車の価値は○○万円ですね。」というような

 

実際に査定をしてもらって出た金額ですが、これはその場限りの金額と考えていた方が良いです。

 

 

2、見積もり額

査定額にある条件を付けた金額です。

 

「今日中に売っていただけるのなら○○万円出します。」といったもので

 

よく、言った言わないになる原因の金額です。

 

基本的に書面にはなりません。

 

 

3、買取金額

査定をして、交渉の結果その会社が買いとる金額です。

 

「あなたの車両を○○万円で買い取らせていただきます。」という風に

 

交渉の最終段階で提示される金額で、契約書に記載され、書面として残ります。

 

 

4、入金額(振り込み金額)

最終的にあなたが手にすることが出来る金額のことです。

 

この金額がすべてです。

 

 

提示金額ごとの違いは理解して頂けたでしょうか?

 

 

これをうまく利用するためには、たった一言相手に伝えるだけで良いです。

 

 

その方法は、相手が金額を提示してきたときに

 

 

「その金額が入金されるということですよね?」

 

 

と、一言確認するのです。

 

 

 

相手が入金額であると認めれば、提示された金額からなんだかんだと引かれてしまうことはなくなります。

 

 

つまり、何も知らずに交渉した結果振り込まれる金額よりも、数万円〜十数万円ほど高くなるのです。

 

 

 

買取業者が使う提示金額の種類をしっかりと把握して、こちらが逆に駆け引きで利用して高価買取を狙いましょう。

 

【車高価買取の裏ワザBまとめ】

 

金額提示は入金額を指定する

「その額が入金されるということですよね?」